看護師の職場は病院だけではない

看護師の求人は大学病院や民間病院ばかりではありません。高齢者の増加に伴い、老人介護施設や老人ホームなどの施設も増え、そういった施設からの看護師の求人も増えています。さらに自宅で療養をしたいと希望する患者さんも増えていることから、訪問看護師の需要が増え、求人も増えています。


<看護師の求人はさまざまな機関が行っている>

また、美容クリニックや企業、保育園などの求人もあります。病院も国公立病院、公的病院、民間病院などタイプがあります。それぞれどのような特色があり、どのような仕事をするのかを理解して、自分に合った職場で働きましょう。


<ライフスタイルに合わせて職場を選ぶ>

看護師の仕事は交替制が基本です。病院や部署によって二交替、三交替といった勤務体制になっている病院もあります。外来であれば夜勤はないので、夜は家にいたい場合は外来勤務を希望するといいでしょう。また、訪問看護などは24時間体制の場合もあり、交代で仕事をしなければならないこともあります。一方で企業や保育園であれば、昼間にお仕事をして夜は家にいることができます。勤務体制はさまざまです。自分の希望する仕事の内容と、自分のライフスタイルに合った勤務ができる職場を選びましょう。

看護師は激務ですが、皆がんばっているのです

看護師は激務ではないと言われる方もいるようですが、はたしてそうでしょうか。確かに単純に激務と言うのであれば、薄給であるにも関わらず、休みもなく深夜勤務も多いという業務内容の職種は他にもあるでしょう。どこも人手不足ですから、誰もがキャパシティを超える仕事量を抱えています。それを踏まえたうえでも看護師は激務だと訴えていますし、実際の看護師の離職率を考えれば厳しい職場環境であることは事実のようです。


看護師を取り巻く環境と現実

では、なぜ激務になってしまうのでしょうか。その一つに看護師不足が要因として挙げられるでしょう。また女性が多いことから、結婚や妊娠、出産を機に辞めてしまう人も少なくありません。そういった潜在看護師と呼ばれる、資格を持ちながらも働いていない看護師が多いのです。また1人の看護師が受け持つ患者は約5~8人と言われています。人員が不足しているなかで受け持ちの患者へ専門的な知識でもって接するだけではなく、ナースコールや急患への対応もしなければなりません。人が少なく、責任や精神的な負担も大きい。そう考えたら、看護師は間違いなく激務なのです。医療保険制度を見直しし抑制するのではなく、そのお金で看護師が安心して働ける環境作りをしてもらいたいものです。