高給だけど昇進しにくい看護師

国家資格として、また国家公務員として人気の高い資格、看護師。将来の安定性を考えて資格を取ろうとする人もいることでしょう。基本的に、病院で勤めるということになると、滅多なことでは解雇とはなりませんし、給料の水準もわるくはありません。しかし、だからといって万能な資格というわけでもないのです。


<給料は高いものの、昇進が難しい>

看護師の初任給は、他の職種と比較しても高い部類に入ります。確かに仕事内容はきわめて激務ではありますが、それも患者の生命に関わっていると考えれば、納得のいく業務です。ただ、病院内における看護業務に就く人達の役職は、実はあまり多くはありません。従って、必然的に昇進できるのはほんの一部だけということになります。頑張っていればいつかは昇進して給料もあがる……とは限らないわけです。


<役職についても、楽とはいえない>

当然のことではありますが、仮に主任や師長などになったとしても、仕事が楽になるというわけではありません。責任が増える分、やらなければならないことも増えてきます。それに加えて、給料の上昇幅も決して大きくはありません。ただし、資格自体の試験合格率はかなり高いので、看護学校などに通っていればたいていの人は取得できるでしょう。これからの時代、一つでも多く安定した資格を取るのであれば、看護師という選択肢もアリかもしれません。