看護師として長く勤務するのには覚悟がいる

看護師の平均の勤務持続期間をご存じでしょうか。平均年数が6年と言われています。
これには当然理由があり、まだまだ女性が多い看護師業界。出産や結婚を機に職を離れてしまう人がとても多いのが理由です。それもあって看護師業界にはいつも人が足りないのです。長く看護師としてやっていこうと思うと、それなりの覚悟が必要になります。なぜなら看護師という仕事はとても特殊な。他の職業とも比べると少し変わった職業だからです。


看護師の勤務時間は長い

看護師の仕事は夜勤も絡む、とても複雑で過酷な勤務です。当然時間の縛りも長く厳しいので自由な時間を取ろうと思うと少し苦労してしまうかもしれません。当然友人や恋人、家族との時間が取りづらいのでそこにもそれなりの覚悟をもって勤務にのぞむことを求められます。


子育てと並行して行うのは難しい

もし子供を授かった看護師の方がいるとしたら、その子供を育てながら引き続き以前のような仕事を続けていくことは難しいでしょう。どちらかに集中することを求められるでしょうし、そうなると子育てに集中することになるでしょうから、こうして職を離れていく人が一人また一人と増えていくことになるのです。
ですが最近はブランクのある方が復職するケースがとても増えているので安心してください。