看護師ができること

看護師の資格を取得する人が増えているそうです。就職の際に有利な資格であることや、結婚後も仕事に復帰しやすいと考えられていることが理由として挙げられていると言われています。一方で、人間関係や給与の面から、離職率も高いとされており、看護師の転職も増えています。


医療の現場でできること

看護師ができることは過去、非常に厳しい制限がありました。医療行為となる気管に挿入しているカテーテルの処置や動脈ラインの確保などを、一部の看護師に認める方針が出来上がっています。ただし、医師の指示があった場合、など細かい条件などはまだ変わっていません。看護師ができることの中で経験が技術を養う処置に採血などが挙げられます。静脈のみですが、点滴の挿入や採血はナースでも認められています。総合病院などでは研修医がいることから、看護師が点滴などを行うことは少ないようですが、資格として認められているものです。


一般の看護師も求められる場合が

特定行為という分類にはなっていますが、医師が診察の範囲と判断し、指示を行った場合は、ナースがこの特定行為の処置を行わなくてはいけません。そのため、医療行為の中でもグレーゾーンとされる人体に直接影響のある行為をどのように扱うのか、まだ医療の現場では様々な意見が交わされているようです。