男性看護師が増えない理由は?

看護師というと体力勝負で、患者さんに怒鳴られたりしても負けない強さが必要という印象が強いですが、「それなら何故男性の看護師は増えないんだろう?」という疑問はいつでも浮かぶものですよね。


看護師の男性比率があまり増えない理由は

自分で動くことが出来ない人の介助などを行う場合は、男性ならではな筋力があったらいいなと思うことも多々。純粋に男手が欲しいなと思う場面はいっぱいありますよね。
現に介護士をする男性は、看護師に比べれば少なくはないですし、男女比半々の介護ステーションというのも珍しくないですよね。


ベテラン師長さんに聞いてみた

病院には様々な年齢の患者さんがいらっしゃいます。例えば妙齢の女性の患者さんの場合、男性看護師は敬遠しがちですし、有り体に申し上げると、患者さん受けがあまりよくないのです。
女社会の中に1人だけポツンと男性看護師が来ることで、お互いに気まずさを感じて、男性側の方が居心地悪くなってしまい早期退職に繋がってしまうという背景も大きいようですね。こちらとしても出来るだけ同じように接するよう気を付けてはいるのですが…。
しかしそれによって「男はすぐ辞める」という印象が病院側にはついてしまいます。もし「俺はこの仕事にこだわりたい」という方がいらっしゃったら、是非頑張っていただきたいと思っております。