家庭を持っても看護師は続けられます

看護師の離職率が高い背景にあるのは、女性の割合が高いということです。現状、その比率90%が女性となっていて、ほとんど男性はいない状況です。しかし、女性は結婚したり子供が出来たりすることで仕事を辞めてしまうことが多く、なかなかスキルとキャリアを持った人材が育ってかないことが関係してきます。それに対して、雇用する側は何の措置もとっていないのかというと、そんなことはありません。より働く人が働きやすい環境づくりをしようと施策をしているところも多くあります。今回は、その施策の一部を紹介します。


子供が出来ても看護師は続けられる!

職場にもよりますが、大きな病院だとどうしても夜勤や休日出勤をしなければならず、家庭に割く時間が確保できないということを耳にします。そのため、子どもが出来た人は子育てに専念するために、十分なスキルが身につかないうちに退職してしまう人もいます。しかし、深刻な看護師不足から、医療の現場では子供が出来ても働き続けられる環境を作ろうという動きがみられます。


パートタイムでも正社員?

最近では、夜勤・休日出金なしの時間を限定したパートタイム勤務の看護師であっても、正社員として雇用している施設も増えてきています。働いている時間内に託児所が利用できるところもあるので、子育てしながらでも十分働ける環境が徐々に整備されているのです。